ぬりえの教材[てんとう虫]ぬりえにチャレンジしやすい教材

スポンサーリンク
無料ダウンロード
スポンサーリンク

4~5歳のお子さん、ぬりえにチャレンジできない、はみ出さないで塗ることが難しいお子さんにおすすめ

今回はてんとう虫のぬりえ教材です。

4歳くらいからぬりえをはみ出さずに塗ることができてくるので、それくらいの年齢のお子さんや、それ以上の年齢ではみ出さずに塗ることが難しい場合は練習を取り入れてみましょう。

ぬりえは、てんとう虫の丸い模様を塗る教材と、赤いところも塗る教材の2種類あります。

maru
maru

丸い模様を塗る教材は、ぬりえが苦手でなかなかチャレンジできないお子さんにおすすめです。赤い色はすでに塗ってあるので、丸い所を塗るだけでも完成度が高くなりますよ。

ぬりえをすることでどんな効果があるのか?どのように練習を進めるといいのか?こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

[てんとうむし]無料ダウンロード

下のPDFをダウンロードしてください↓↓無料でダウンロードできます。

maru
maru

使いやすい色鉛筆を使うとぬりえにも取り組みやすくなるので、道具の見直しもしてみてください。

筆圧が弱い、鉛筆がうまく握れないというお子さんも使いやすいおすすめの色鉛筆はこちら↓↓

対象年齢:2歳~
サイズ:長さ12cm 直径0.9cm
価格:470円~

●丸みを帯びた太い三角の形状が持ちやすい
●正しい持ち方が身に付きやすい形状
●4B・6Bの芯なので筆圧が薄いお子さんや
初めて鉛筆を持つお子さんにもおすすめ

教材の使い方と練習のポイント

この教材は、

  • はみ出さないで塗る練習
  • ぬりつぶす練習

に使用できます。

はみ出さないで塗る練習

maru
maru

はみ出さないで塗る練習のポイントを見てみましょう

●はみ出さにように塗ることを事前に伝える・お手本を見せるなどして、はみ出さずに塗ることへの意識を高めてみましょう。

●はみ出した時は、はみ出したところを消しゴムで消すようにすると「はみ出さないように塗るんだ」という意識が高まります。

●雑に塗ってしまう場合は、「手を小さく動かしてごらん」などコツを教えてあげましょう

●筆圧が薄い場合はクレヨンを使ったり、色鉛筆にグリップをつけたりして道具の工夫をしてみましょう。

●姿勢が安定しているか?紙をしっかりおさえているか?もチェックしてみてください。

塗りつぶす練習

maru
maru

はみ出さずに塗れるようになってきたら空白を塗りつぶす練習も取り入れてみましょう。ポイントはこちらです。

●「まだ白いところがあるよ」と声掛けしたり、空白のところを指さしするなどして、塗りつぶすことへの意識を高めましょう。

●鉛筆の操作は、初めは縦・横方向の操作がメインになります。今回のぬりえは丸い形なので、カーブをつけて塗ることを教えてあげましょう。

おわりに

ぬりえが苦手なお子さんは、ぬりえへの拒否感があったりして、なかなかぬりえにチャレンジできないことがあります。

その場合は、はみ出してもいいし、少しだけしか塗れなくてもいいので、

丸の中を塗れたら「てんとう虫できたね!」と、褒めてあげましょう。

療くん
療くん

僕はカラフルな模様に塗っちゃおうかな

今回もありがとうございましたー!