ADHD

無料ダウンロード

食事中のお行儀が悪いお子さんへの対応方法とは?~教材も紹介します~

食事中お子さんの食べ方を見て、お行儀が悪いと感じることはないですか?療育を行う中で、食事中の姿勢が悪いお皿を持って食べない肘をついて食べているなどの声をよく耳にします。手づかみで食べたり、膝を立てて食べたりしてしまうと、外食にも行きづらくなってしまうかもしれません。
関わり方のコツ

お子さんの適切な行動が増える!楽しく使えるトークンエコノミーとは?

何度言ってもお着替えを嫌がり時間がかかる、宿題に取りかかるまでに時間がかかるなど「〇〇しようね」とお約束してても、こちらが望んでいる行動をお子さんがなかなかできなくて困ってしまう経験はありませんか?そんな時によく用いられるのがトークンエコノミーです。
四コマ漫画

【四コマ漫画】お子さんの好きなものをうまく使うと、適切な行動がぐんと増える!

みなさんのお子さんは、何か好きなものや夢中になれることはありますか?私が療育を行う中でも、まず初めにお子さんの好きなものや好きなことを保護者の方や本人から聞くようにしています。お子さんが好きなものは、療育の中でとっても活かされるからです。
無料ダウンロード

【コミュニケーション】感情コントロールやクールダウンの練習教材~気持ちの温度計~

今回は、感情や気持ちのコントロールに役立つ教材を紹介します。これは、イライラしやすく癇癪を起してしまうお子さんが感情コントロールの練習のために使ったり、テンションが上がり過ぎてしまうお子さんがクールダウンの練習のために使える教材です。
無料ダウンロード

静かな場所でも大声で話してしまうお子さんのための練習教材

みなさんの中には映画館や図書館、レストランでお子さんの話し声が大きく、周囲に迷惑にならないか、と困ったことはありませんか?今日は、声の大きさ表という簡単な画像を使って、声のコントロールの意識付けになる教材の使い方を紹介します。声の大きさを5段階で表してあるため、場面によってどのくらいの声量で話したらいいのか目で見てイメージしやすくなる表です。
無料ダウンロード

【コミュニケーション】負けることが許せないお子さんのための練習教材

みなさんは、自分のお子さんがお友達と遊んでいる時に、ゲームに負けて怒ったり、途中でゲームを投げ出してしまったりして、「なんですぐに怒ってしまうんだろう?」「お友達と仲良くできないのかな…」と困ってしまった経験はありませんか?今回は、そんな悩み事を解決するために”負けても大丈夫!”とお子さんに感じてもらい、体感してもらう教材を紹介します。
関わり方のコツ

イライラしやすい・癇癪があるなど、感情コントロールが難しいお子さんへの対応方法

発達障害を持つお子さんは感情コントロールが難しく癇癪を起してしまう場合があります。激しく泣いて暴れたり、物を投げたり不適切な行動が出てしまうと、お子さん本人もご家族の方も疲れてしまいますよね。
スポンサーリンク