紙工作の教材 [おうかん] ~切る・貼る~

スポンサーリンク
無料ダウンロード
スポンサーリンク

5~6歳のお子さん・不器用なお子さんへおすすめ

今回は紙工作の教材を紹介します。

線に沿ってはさみで切って、紙を丸めてテープを貼っておうかんを作りましょう。

5~6歳くらいで、ギザギザが切れるようになるので、それくらいの年齢か、それ以上の年齢で四角が切れなかったり、手先の不器用さがあるお子さんは練習を取り入れてみてくださいね。

特に紙を筒状に丸める動作は、紙がぐしゃっとつぶれないように、柔らかい力で持つ必要があります。

普段力が入りやすく、物の扱い方が雑なお子さんは力加減の練習にも使えます。

また、どうやったらおうかんの形になるのかイメージがつきにくいお子さんは、立体などの形を見る練習にもなりますよ。

不器用なお子さんでも使いやすいおすすめはさみはこちらでご紹介しています↓↓

スポンサーリンク

[おうかん]無料ダウンロード

紙工作の教材

下のPDFをダウンロードしてください↓↓無料でダウンロードできます。

教材の使い方と練習のポイント

1.黒い線を切る

ポイントは2つです。

  • 線に合わせて切れているか
  • 紙の向きを変えながら切れるか

難しくてできないところがあれば一緒にはさみを持って手伝ってあげましょう。

詳しくはこちらをどうぞ↓↓

2.紙を丸めて筒状にする

どうすればおうかんの形にできるのか分からない場合は、

お手本用のおうかんをもう一つ作って見せるか、紙を丸めるところをゆっくりやって見せてあげて、真似してもらいましょう。

また、力が強く紙がぐしゃっとつぶれてしまう場合は、「やさしく」と声かけしながらやってみましょう。

3.テープやのりで貼る

紙を丸めて筒状にして貼ります。

テープで貼る場合は、紙を丸めた状態で押さえたまま貼らないといけないので、両手をうまく使う練習になります。

難しい場合は紙を押さえてあげて、お子さんにテープを貼ってもらいましょう。

ミニサイズのおうかんの完成です!

おわりに

この形は、角がたくさんあるので、角まで切ったらはさみの向きを変えることができるかも一つポイントになります。

これができるようになると、しっかり形を見る練習になるので、ぜひ角まで切ることを意識して取り組んでみてくださいね。

療くん
療くん

おうかんを作ったら僕もかぶりたいなー

ありがとうございました。

コメント