縄跳びが上手く回せない!そんな時は縄跳びに一工夫してみよう

スポンサーリンク
四コマ漫画

冬になると体育の授業で縄跳びがあります。縄跳び大会がある地域もあり、とても身近なものですよね。

しかし、縄跳びはとても複雑な動きをしないといけないので、苦手意識を持っているお子さんも多いのではないでしょうか。

縄跳びは、

等のスキルが必要になります。

漫画のお子さんは、縄をうまく回すことが苦手なお子さんでした。

縄がうまく回せないお子さんには、縄の真ん中と、その両隣に結び目をつけます。

こうすると、遠心力で縄が回しやすくなります。

また、縄跳びはビニール製のものよりも、布製のロープのものが重みがあって回しやすいです。

重みがある方が、回している感覚が分かりやすいので、ジャンプするタイミングも分かりやすくなりますよ。

このように、縄跳びに一工夫をするだけで、縄を回すことがスムーズにできることが多いです。

maru
maru

それでは、縄をうまく回す他の練習方法も見てみましょう!

縄をうまく回すには、肘を支点にして程よい力加減で回すとうまく回せます。

肘を曲げているので肘支点で回しています。

しかし、縄を回しても頭に引っかかってしまうなど、うまく縄を回せない場合は、肩を支点にして回したり、腕だけでなく上半身も思い切り動かしながら回しています。

肩支点の回し方でも、うまく回しているお子さんもいますが、肩を支点に腕を回すと力が入りやすく、程よい力加減で回すことが難しいです。

肘が伸びて肩支点で回しています。

療育の中では、縄がうまく回せない場合に、肩支点の動きではなく、肘支点の動きができるような練習をします。

例えば、肘支点の動きで腕を回す動きを一緒にやってみたり、縄跳びを片手だけに持って回すだけの練習をしたりします。

近くに置いたかごに上手投げでボールを入れるなどもゲーム性があって楽しいですよ。

maru
maru

このようにして縄を回す練習をしています。

回す以外の練習方法はまた違う記事で紹介したいと思います。

療くん
療くん

僕も縄跳びを結んでみたよ!

今回もありがとうございました。