ぬりえの教材[くるま]指先を細かく動かす練習

スポンサーリンク
無料ダウンロード
スポンサーリンク

4~6歳のお子さん、指先が不器用なお子さんにおすすめ

今回はくるまのぬりえです。乗り物が好きなお子さんは特に楽しめる教材です。

今回のぬりえは車の中でも特にタイヤの部分をはみ出さずに塗れるように練習してみてください。

そうすることで、鉛筆や箸を操作する時に必要な指先の動きを練習することができます。

maru
maru

丸い形を塗ると、カーブをつけて塗ることで指先の動きを促せるので、鉛筆や箸などの道具の操作の練習につながるのです!

ぬりえをすることでどんな効果があるのか?どのように練習を進めるといいのか?こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

[くるま]無料ダウンロード

くるまの色がついている物と、色がついていない物の2パターンあります。

ぬりえを長時間することが苦手なお子さんは、色付きの物でタイヤや窓など塗りやすい形だけ練習してみてください。

下のPDFをダウンロードしてください↓↓無料でダウンロードできます。

ぬりえ色付きバージョン
ぬりえ色なしバージョン
maru
maru

使いやすい色鉛筆を使うとぬりえにも取り組みやすくなるので、道具の見直しもしてみてください。

筆圧が弱い、鉛筆がうまく握れないというお子さんも使いやすいおすすめの色鉛筆はこちら↓↓

対象年齢:2歳~
サイズ:長さ12cm 直径0.9cm
価格:470円~

●丸みを帯びた太い三角の形状が持ちやすい
●正しい持ち方が身に付きやすい形状
●4B・6Bの芯なので筆圧が薄いお子さんや
初めて鉛筆を持つお子さんにもおすすめ

教材の使い方とポイント

maru
maru

タイヤの部分をはみ出さないで塗る練習のポイントを見てみましょう

●はみ出さにように塗ることを事前に伝える・お手本を見せるなどして、はみ出さずに塗ることへの意識を高めてみましょう。

●はみ出した時は、はみ出したところを消しゴムで消すようにすると「はみ出さないように塗るんだ」という意識が高まります。

●雑に塗ってしまう場合は、「手を小さく動かしてごらん」などコツを教えてあげましょう

●手を上下に動かすのではなくカーブをつけて塗ることを、お手本を見せたりして教えてあげましょう

●筆圧が薄い場合はクレヨンを使ったり、色鉛筆にグリップをつけたりして道具の工夫をしてみましょう。

●姿勢が安定しているか?紙をしっかりおさえているか?もチェックしてみてください。

おわりに

今回は2パターンの塗り絵がありますので、お子さんに合った方の塗り絵を選んでみてくださいね。

タイヤの丸をはみ出さずに塗れるように練習して、鉛筆やお箸の練習につなげてみましょう。

療くん
療くん

僕もやってみます!

ありがとうございました。

コメント