不器用なお子さんにおすすめ!はさみの練習をするときの3つのポイント

スポンサーリンク
はさみ手先の操作の練習 手先の操作
スポンサーリンク

はさみの練習のすすめ方

はさみは小さいうちから使う機会が多いですよね。紙を切って遊んだり、工作の時に使ったり、お菓子の袋を開けるために使ったりもします。

しかし、発達障がいを持つお子さんの中には、手先が不器用ではさみがうまく使えず困っているお子さんが多いです。

はさみが苦手だから工作の時間が嫌いで、工作の活動に参加できないお子さんもいます。

なので、工作の時間に参加できるようになったり、できることが増えて自信をつけてほしいなと思い、療育の中でもはさみの練習はよく取り入れています。

そして、はさみの練習はそのほかにもメリットがあります。

練習をしてはさみがうまく使えるくらい手の機能が向上すると、はさみ以外の道具の操作も上手になってきます。

特に、スプーン・お箸・鉛筆は、はさみを使う時の手の向きや、指の使い方が似ているので、他の道具の操作の練習も兼ねて、はさみの練習を取り入れています。

療くん
療くん

一石二鳥だね。

そのため、手の発達段階に合わせて、少しずつ段階づけしながらはさみの練習をすすめていきましょう。

不器用なお子さんでも使いやすいおすすめはさみはこちらでご紹介しています↓↓

スポンサーリンク

どうやってはさみを使っているか観察しよう

まずはお子さんがどうやってはさみを使っているのか、はさみの動作で何ができていて何が難しいのかを観察します。

見るポイントは3つです。

  • はさみの刃を開いたり閉じたりできるか
  • 切る時にはさみが寝ていないか
  • 自分で紙を持てるか

この中でできていないところを手伝いながら練習を進めています。

ポイント①はさみの刃を開いたり閉じたりできる?

はさみにまだ慣れていないお子さんは、手をどうやって動かせばはさみが動くか分かりません。

なので、うまくチョキチョキ動かせない時は、お子さんと一緒にはさみを持って、大人がはさみを動かしてあげます。そうすることで、だんだん手の動かし方が分かってきます。

練習の進め方としては、

  1. まずは一緒に持って、チョキチョキ動かして切ることを理解してもらう。
  2. 刃を閉じる動作の方が簡単なので、はさみを一緒に持ちつつも、刃を閉じる時は手の力を抜いてお子さんにはさみを動かすのを任せる
  3. 刃を開く動作も少しずつお子さんに任せていく(途中までは開いてあげるけど、途中からはお子さんの動きに任せるなど)

全部の動きをやってあげるのではなく、一緒に持ちつつも、少しずつお子さんの動きに任せていくことがポイントです。

ポイント②切る時にはさみが寝ていない?

人間はリラックスしている時は基本的に手の甲が上向きになります。

逆に、はさみ・スプーン・お箸・鉛筆など、道具の多くは操作する時に手のひらが見えるように道具を持って操作します。

手の甲が上になってはさみを操作
手のひらが見えるようにはさみを操作

手の発達がまだ未熟なお子さんは、手のひらを外側に向けるのはいつもの手の向きではないので、始めははさみが寝たまま操作してしまいます。

なので、手の甲が上になってはさみが寝たまま操作しているなら、4~5歳くらいからは手のひらが見えるようにはさみを持って切る練習をすると、だんだんできるようになってきます。

大人と一緒に持って練習したり、見るのが得意なお子さんであれば、正しい手の向きのお手本をやって見せて、真似してもらうようにしています。

ポイント③自分で紙を持てる?

はさみの練習をするときは、はさみを持っている方の手に注目しがちですが、意外と大切なのが紙を持っている方の手です。

小さいお子さんは右手と左手のタイミングを合わせて動かすことがまだ難しく、それぞれが別々の動きをしてしまったりします。

なので、刃の間に紙を入れ込んでないのにチョキっと切って、紙を刃の近くに持ってきた時には刃が閉じてしまったりします。

また、手の発達が未熟だとコントロールが難しく、刃の間にうまく紙を入れ込めなかったりします。

ここが難しいお子さんも、まずは一緒にはさみを持って練習します。

練習の進め方としては、

  1. はさみを一緒に持って、刃の間に紙を入れ込んでからチョキっと切る感覚を理解してもらう。紙は大人が持ってあげてもいいし、持てそうなら一緒に持つ。
  2. 刃が開いたままになるように一緒にはさみを持つ。紙を入れ込むのをお子さんに頑張ってもらう。入れ込んだら、チョキっと切る動作は一緒にする。
  3. 紙は動かないように固定して一緒に持つ。はさみを紙まで持って行ったり、刃の間に紙を入れ込みチョキっと切るのをお子さんに頑張ってもらう。

2と3は前後しても大丈夫です。やりやすそうな方から練習できるといいと思います。

最後に

始めのうちは、はさみの指を入れる穴にテープやティッシュを巻いて穴を小さくして練習すると、手が僅かしか動いてなくてもはさみが動いてくれるので、成功体験になりやすいですよ。

maru
maru

切る紙は普通紙よりも画用紙など少し硬めの方が、しっかり持てるので練習し始めは画用紙を使うといいですよ。

はさみの操作は他の道具の操作にもつながりますので、是非やってみてください☺

下にはさみの練習プリントも載せていきますので、ぜひご覧になってください。

コメント

  1. […] 【はさみ】手先の操作の練習のすすめ方はさみがうまく使えるくらい手の機能が向上することで、はさみ以外の道具の操作も上手になってきます。特に、スプーン・お箸・鉛筆は、はさ […]

  2. […] 不器用なお子さんにおすすめ!はさみの練習をするときの3つのポイントはさみがうまく使えるくらい手の機能が向上することで、はさみ以外の道具の操作も上手になってきます。特に […]